· 

Dungeon of the Endless

ジャンル: ローグライク, タワーディフェンス, ストラテジー
対応機種: PC (Steam)
プレイ人数: シングル, マルチ (1~4人)
言語: 英語
価格: 1180円

難易度: ★★★★☆

ボリューム: ★★★☆☆
1ターンの行動数: ★★★★★


ゲーム概要

Endless(という種族)の遺跡の地下深くに不時着した囚人たち

 

彼らは宇宙船のジェネレーターを運びつつ地上を目指しますが、間もなく遺跡がダンジョンであることに気がつくのでした…

 

ゲームの根幹はタワーディフェンスです

しかし舞台となる遺跡は不思議のダンジョン(ローグライク)であり、なおかつリソース管理も求められます

 

タワーディフェンスとローグライクという一見正反対の性質を持つ2つのジャンルを融合させた新感覚のゲームです

 

ゲームシステム

タワーディフェンス

宇宙船のジェネレーターを地上まで運ぶのが目的です

ダンジョンから沸いてくるモンスターにジェネレーターを壊されてしまうとゲームオーバーです

モンスターの進行ルートに防衛施設を設置して、ジェネレーターにたどり着かれる前に全て倒しましょう

 

ローグライク

ダンジョンは小さな部屋の組み合わせで出来ています

部屋と部屋は扉で塞がれていて、扉を開けるまで先に何があるかわかりません

新しい部屋にあるのは、上の階へと続く出口、ショップ、宝箱、資源、新たな仲間、バフ、デバフ…などなど

もちろん何もない場合もあります

 

リソース管理

上記のタワーディフェンス・ローグライクの要素に加えて、リソース管理も求められます

 

毎ターンの初めにIndustry, Science, Foodが配給され、

それぞれユニットの設置研究開発キャラクターのレベルアップに使用します

また、ショップで売り買いする際の通貨にもなります

 

これらとは別にDustもあり、新しい部屋の発見かモンスターのキルによりランダムで手に入ります

Dustを使うことでジェネレーターから隣接した部屋に電気を流すことができ、防衛施設などのユニットを有効化できます

また、電気の通っている部屋から敵が沸くことはありません

 

ターン制

扉を開けることで次のターンへ進みます

 

言語

日本語化modがないのが少しネックでしょうか

 

ストーリー、アイテム・スキルの性能を理解するのに英語の読解が必要ですが、

日本語wikiを活用すれば英語ができなくても十分にプレイできます

 

マルチプレイ

オンラインマルチプレイ対応です

プレイヤー間で操作キャラクターや資源の受け渡しができるため、これらを駆使することで攻略が楽になります

 

また、ターン制ストラテジーかつ任意のタイミングでターンを進められるためpingの高さが問題になりません

よって海外のフレンドとプレイするのにも向いています

 

感想

もくもく出来てたのしい